NEWS

フェアトレードカカオ

ドレンティチョコレートのこだわりの一つに「フェアトレード」があります。
「公正な取引」という意味を持つ「フェアトレード」ですが、皆さんはこのような言葉をお聞きになったことはありますでしょうか。

チョコレートの原料であるカカオ豆には、実は深刻な経済的貧困問題があります。
カカオ農園では、十分に生活することができない賃金で働き、中には児童労働者として扱われ、教育を受ける機会を奪われている子供が多くいるのです。

いわゆる途上国と先進国、または企業間の取引がそもそもフェアじゃない事からこうしたことが起きます。フェアな取引をして、お互いを支え合おうというのがフェアトレードのコンセプトです。

国際フェアトレード基準では、児童労働を禁止し、フェアトレードにより、生産者が適正で安定した収入を得ることができれば子供を働きに出さなくなるようになる。という考えがあります。
また、フェアトレードでは環境面でも厳しく基準が定められており、森を破壊したり、危険な農薬を使ったりすることなく自然環境を守りながら生産されています。作る人も食べる人も幸せになれるフェアトレードチョコレートです。

当店のタブレットチョコレートの一部では、エクアドル産のフェアトレードカカオを使用しております。
微力ではありますが、現地の児童に少しでも潤いや彩りを与えることができたら幸いだと思っております。